家守りホールディングス SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み
SDGs(エスディジーズ)は、2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国際目標で、政府だけでなく企業や市民社会など、地球上全ての人を対象とした共通目標です。サステナブル(持続可能)な世界を実現する為の、17の目標と169のターゲットから構成され、「誰も取り残さない」世界の実現を目指しています。


家守りホールディングスではSDGsへの取り組みを進めるにあたって、3つのサステナブルビジョンを策定致しました。

1. 地球守り

  • 地球環境を守るプロジェクトを推進:地球守りプロジェクト エネルギー・住宅分野を中心に温暖化対策となる5つのチャレンジを制定し「ちゃれんじ5GO」として、推進しています。
  • 災害に強い暮らしを推進:会社としても、脱炭素化運営・脱プラスチックに取り組んでいます。

2. 住まいに関して、困っている人たちを取り残さない

  • メンテナンス業務:新しいシステム・製品が次々と出てくる昨今、住まいに困っている人たちを取り残さない取り組みをしていきます。
  • 点検業務を通じて、安心な住宅を提供しています。

3. 働きがいのある職場を作る

  • ウェルビーイングを目指す:「ウェルビーイング(well-being)」とは、個人またはグループが、身体的、精神的、社会的に「良好な状態」にあることを指す概念です。SDGsの目標の8番に「働きがいも経済成長も」と記されていますが、実は3番の「すべての人に健康と福祉を」の英語版は、”Good health and well-being”と「ウェルビーイング」という言葉が使われています。社員が「身体的」「精神的」「社会的」に「良好な状態」を目指すことで、社員もその家族も、チームも、そして会社全体も良い状態を保ち、関わる全てがサステナブルな状態になると考えています。

2019年3月│社内でマイボトルの利用者が増えてきました!

2019年3月│SDGs推進室が立ち上がり、第一回の打ち合わせでは、バックキャスティングをしていくにあたって住宅業界の50年後の意見を出し合いました。
未来を考え、私達のできることは何か?とサステナブルビジョンを決定しました。

SDGs推進室打ち合わせの様子

2019年2月│家守りHD幹部向けワークショップ開催 
「なぜSDGsは経営マターなのか?」と「どんなことが具体的に活動できるか?」という題をもとにグループワークを行いました。各チームとても活発な意見が出ていました。

SDGsワークショップの様子

2019年1月│ 家守りホールディングス全社員を対象に、SDGsのオンラインセミナーを行いました。
社員の中でSDGsに関する理解が深まり、今後の各自の取り組み内容では各人それぞれの個性的な内容が載っていました。

SDGsセミナー解答用紙

最新のSDGsへり取り組みは、家守りホールディングスTwitter公式アカウントからもご覧いただけます!