住宅ストック循環支援事業(平成28年度第2次補正予算にて措置予定)は、インスペクションを実施し、既存住宅売買瑕疵保険に加入する既存住宅の取得や、耐震性が確保された省エネ改修、一定の省エネ性能を有する住宅への建替えに対して、国がその費用の一部について支援する補助制度です。

若者(40歳未満)を対象とした中古住宅購入時の改修補助制度です。
若者が自己住居用として中古住宅を購入してリフォームを行う場合、インスペクションを実施すること、インスペクションで指摘された不具合をリフォームすること、既存住宅売買瑕疵保険に加入することを要件に補助を行われます。

不動産会社様

2018年の宅建業法改正に向けて、インスペクションを今こそご活用くださいませ。

詳しくは、こちらの「住宅ストック循環支援事業の事業概要及び説明会に関する情報提供について」(国交省:報道発表資料)参考にして下さい。