2月25日に「長期優良住宅応援セミナー」の開催まで9日となりました。
今回のセミナーは「受注アップ!!」が出来る内容です。長期優良住宅の真のメリットを実際に会場でお聞きになって下さい。
住宅業界では色々な法改正がありました。「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は、平成21年6月に施行され既に6年半が経過しています。長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅と定義されています。しかし、全ての住宅が長期優良住宅対応ではありません。
皆様の記憶に新しい昨年の洪水の際に注目された住宅も多分「長期優良住宅」だった筈です。あの白い住宅ばかりであれば流れる住宅も少なかったのかも知れません。
少子化が進み、住宅の着工棟数は減少しています。だからこそ、これからの時代はチャンとした住宅を建てる事が住宅業界を生き残る条件となる筈です。但し、折角の「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅」を建ててもその価値を生かしている業者様も少ないのです。
当然、夢のマイホームを購入したお施主様もメリットの無い住宅を購入してしまうケースも多くなります。
長期優良住宅仕様となれば、通常の住宅と比較し価格はアップ致します。仮に1000円のモノが性能が上がり3倍の価値になったとしても1200円だとしたら、どちらが得でしょうか?日々の生活の中で購入する商品であれば「正しい判断」が出来ます。しかし、一生に一度の買い物となる「夢のマイホーム」ではその判断も出来ないままに契約となるケースも少なくはありません。
point002
身近な商品は誰でも分かります。それは買って失敗したり、安心したり、学習機能があるからです。しかし、住宅は年に5棟も買う人はいません。だからこそ、購入を考えているお客様にご住宅の価値を正しく説明し、お客様に喜んで頂く事が大切です。
今回開催するセミナーでは「正しく説明」出来るお話をご紹介しています。
家を売る、夢を売る、そしてお施主様に喜んで頂く、そのヒントが今回のセミナーにはあります。是非、お時間を作って頂き会場へご来場下さい。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
セミナー案内