住宅の取得・改修に関する支援制度等説明会の開催について

新年度早々ですが、国交省より以下の内容の発表がありました。

平成27年度補正・28年度当初予算、平成28年度税制や既存住宅の長期優良住宅化に係る認定制度など、最近の住宅取得・改修に関する制度等の概要について、以下のとおり説明会を開催することとしました。
 なお、制度等の具体の内容は今後の予算等の成立後に決定しますので、内容に変更があり得ることをご了承ください。
※現時点で、省エネ住宅ポイント制度の再開の予定は無く、本説明会の内容にも含まれておりません。
○ 対象者    : 主に事業者向け
○ 開催日時・場所 : 全国47都道府県で計50回(詳細は別紙1)
○ 説明時間 : 1時間半程度を予定(開始30分前に開場)
○ 主な内容
1.ストック重視の住宅政策(中古住宅流通・リフォーム市場の活性化について)
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・長期優良住宅(増改築)認定制度
・住宅ストック維持・向上促進事業
2.地域の木造住宅生産体制の強化
・地域型住宅グリーン化事業
・サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応住宅)
3.出生率向上に資する住生活の実現(三世代同居の推進)
・地域型住宅グリーン化事業(再掲)
・長期優良住宅化リフォーム推進事業(再掲)
・三世代同居に対応した所得税の特例措置
4.消費税関係(消費税率引上げへの対応)
・住宅ローン減税
・すまい給付金
・住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置
5.建築物省エネ法について 
○ 講師 : 国土交通省担当官
○ 参加費 : 無料

参加方法

事前に参加の申込みが必要です。
以下のホームページ又はFAX、電話により受け付けます。

参加申込みはこちらから
F A X : 0120-222-156 (FAX予約の場合、別紙2をご活用ください。)
T E L : 0120-222-081

別紙2(FAX申込みはこちら)